進捗日記

私の人生、私の一日。

😁080_2023年10月下旬【補綴日記Ⅳ 左下の新しい仮歯がはいったまではよかったんですが……】

【今までの流れ】

・2021年1月から歯列矯正(1年間)

・2022年3月から補綴(ほてつ)治療(1年8か月め)

 

都内にある総合歯科で、かみ合わせに特化した、

スーパーデンティスト(総合歯科医師)に診ていただいています。

 

"歯科治療の最終ゴールは「良いかみ合わせ」をつくること"

 

 

この「補綴日記」ですが、

こうしてブログに載せていることで、

時おりSNS上で声をかけていただくことがあり、

そのお心遣いをとてもありがたく感じています。

 

そして、

今の私は、おそらく歯科関係者と思われるかたから

間接的に教えを乞う状況になっていて、

そのかたから歯の治療に関する詳しい情報を得ています。

時に、自分に行われている治療に対して

「やっぱりそうなのか……」と落ち込むこともありますが、

多岐にわたる情報を得ることのメリットは大きく、

このかたには大変感謝しています。

ご迷惑になるのではないかという思いから

なかなかお声がけができていないのですが、

このかたとめぐり合えたのは

私にとっては大きなできごとでした。

大変ありがとうございます。

 

そんなこともあり、

今通っている歯医者さんで行なわれていることを

逐一書いていくことは

やはり私に与えられた使命のような気がするので、

この歯医者さんでの治療が終わるまで(転院した場合も含め)

書き続けようと思います。

 

今の歯医者さんでたびたび行われるフェイスボウですが、

大体歯科衛生士さんがやってくださっています。

あと、あごの検査をするときに

その担当の先生がフェイスボウをやってくださるのですが、

この先生は細かいところまできちっとやってくださるので

安心できます。

 

フェイスボウについては

こちらにくわしく載っています。

ご興味ありましたらどうぞ。

↓

 


それから、もうひとつ。

最近の自分の記事を読んでみて、

感情的になっている部分があると感じたので、

これからはなるべくニュートラルを意識してみようと思いました。

 

というわけで、午後受診。

 

①受付:問題なし。

 

②左下のブリッジの仮歯:ちゃんとできていたので問題なし。

(実は、できていなかったときのために

プランBを用意してから行きましたが(笑)、

今回は出番がありませんでした)

 

③先生からの説明:特に問題なし。

(奥歯のかみ合わせはできているので、

次回上の歯型をとって、前歯のブリッジを作りかえる)

 

④麻酔:今日は痛くなかったので問題なし。

量も少なめにしてくださったとのことでした。

 

⑤仮歯をはずしてセメントを落とす:問題なし。

 

⑥仮歯をはめてみて、咬合紙をかむ:問題なし。

(今日はかみ合わせの調整はやらないとのことでした)

 

⑦仮歯にセメントをつけて装着:問題なし。

今日はじめて木をかみました。

(他の歯医者さんではいつもやっていたことなのですが、

この歯医者さんではやったことがなかったので

やらないものだと思っていました)

木をかんだことで、より安心できました。

 

というわけで、今日から「補綴日記Ⅳ」ということになります。

 

⑧写真撮影:問題なし。

 

⑨会計&予約:特に問題なし。

先生から次回は1週間後と言われましたが、

受付のかたから

ちょうど1週間後にあたる日は予約がいっぱいだと言われたので、

その翌日にしてもらいました。

 

というわけで、今日のところは特に問題ありませんでした。

この調子で様子を見たいと思います。

 

……と、ここまで書いて、

 

いざリテーナーをはめようとしたら、

はまらないのです(笑)。

それもそのはず、

仮歯を新しいものに変えてますからね。

 

なんだかもう、ほほえましささえ感じます(笑)。

そう言えば、前にもこういうこと

あったんですよねー、思い出しました。

どなたもお気づきにならないんでしょうか。

今回はもう、自分でリテーナーを切って

(やわらかいプラスチックなので

はさみで簡単に切れました)

先生にメールを出しました。

この状態で差し支えなければ、

予約した日時に行くつもりです。

(遠いですからね……)

 

うーん、惜しかった! 残念でした。

 

 

【補足】

この日の記事を読んで思いましたが、

ふつうの歯医者さんだと思えば

この歯医者さんはかなり手際もいいですし、

いい歯医者さんなのではないかと思います。

そこに「スーパー」がついていたので

期待してしまったのかもしれません。

そして私の歯の治療は

それだけ難しいものなのかもしれません。

でも、それならなおさら、

細かいところにも注意して

治療を進めてほしかったですね。

わがままですか?